サブディレクトリへの WordPress のインストール

この手順はセルフホスティングをご利用の方のみが対象です。マネージドホスティングをご利用の方は弊社にて作業をいたしますので、 AMIMOTO ダッシュボードよりご連絡ください。

 

セルフホスティングの AMIMOTO AMI では、 wp-setup を使用することでバーチャルホストへの WordPress のインストールを簡単に行うことができます。
参考: [セルフホスティング] セルフホスティングでインスタンス・サーバへ SSH 接続をする方法

しかし、この wp-setup コマンドではサブディレクトリへの WordPress のインストールには対応していません。 サブディレクトリに WordPress をインストールし、利用できるようにするには wp-cli を使用して、以下の手順で行ってください。
すでに wp-setup コマンドを利用して example.com としてバーチャルホストの設定が行われているものとします。

バーチャルホストの設定が終わっていない場合
/etc/nginx/conf.d/default.conf/etc/nginx/conf.d/default.backend.conf をコピーして Nginx でのバーチャルホスト設定を行ってください。

コピーした設定ファイルでは server_nameroot を書き換える必要があります。また listendefault という記述を削除してください。 設定ファイル作成後は sudo service nginx reload で設定ファイルへの変更を反映する必要がありますので、注意してください。

 

WordPress コアソースのダウンロード

まず、インストール先のディレクトリを作成して WordPress コアソースをダウンロードします。 インストール先は /var/www/vhoste/example.com/test とします。
なお,コマンドを実行する場合、先頭の $# を入力する必要はありません。

$ sudo mkdir -p /var/www/vhoste/example.com/test
$ cd /var/www/vhoste/example.com/test
$ sudo wp --allow-root core download
$ sudo chown -R nginx:nginx /var/www/vhoste/example.com/test

 

データベースの作成

次にデータベースと、データベースにアクセスすることのできるユーザを作成します。 ここでは MySQL のユーザ名が wp_user、パスワードが wp_password、作成するデータベース名は db_example_com_test とします。 網元AMIでは MySQL の root アカウントにパスワードを設定していませんので、以下のコマンドを実行することでデータベースを作成することができます。 (これは、外部からの 3306 ポートへの接続をデフォルトで無効にしているからです。運用上、気になる方は root アカウントへのパスワードを設定してください)
なお,コマンドを実行する場合、先頭の $# を入力する必要はありません。

$ mysql -u root
mysql> create database db_example_com_test default character set utf8 collate utf8_general_ci;
mysql> grant all privileges on db_example_com_test.* to wp_user@localhost identified by 'wp_password';
mysql> exit
$ exit

 

WordPress コンフィグファイルの作成

次に WordPress のコンフィグファイルを作成します。 ここでは MySQL のユーザ名が wp_user、パスワードが wp_password、作成するデータベース名は db_example_com_test とします。

$ sudo wp --allow-root core config --dbname=db_example_com_test --dbuser=wp_user --dbpass=wp_password

 

nginx 設定ファイルの修正

最後に nginx のバックエンド側の設定ファイルを修正します。 サブディレクトリとして /test にインストールした場合は以下のように location /test/ {} を追加してください。

server {
    listen      unix:/var/run/nginx-backend.sock;
    server_name example.com;
    root        /var/www/vhosts/example.com;
    index       index.php index.html index.htm;

    access_log  /var/log/nginx/example.com.backend.access.log backend;

    keepalive_timeout 25;
    port_in_redirect  off;

    gzip              off;
    gzip_vary         off;

    location /test/ {
        try_files $uri $uri/ /test/index.php?$args;
    }

    include /etc/nginx/wp-singlesite;
    #include /etc/nginx/wp-multisite-subdir;
}

 

設定ファイルの変更反映

nginx の設定ファイルの修正を行った後は sudo service nginx reload で設定ファイルの変更を反映してください。 以上でサブディレクトリへの WordPress のインストールは終了です。

以降はブラウザからアクセスして管理者ユーザの作成を行っても良いですし、このままコマンドラインから

$ wp core install --url=<url> --title=<site-title> --admin_user=<username> --admin_password=<password> --admin_email=<email>

とコマンドでインストールしても良いです。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk