ContactForm7 などからメールが送信されない

WordPress からのメールの送信がうまくいかない場合、WP-Mail-SMTP など、wp_mail() を外部メールサーバへ置き換えるプラグインをお使いいただくことで、任意の外部のメールサーバを使いContactForm7 からメールを送信できます。

 

WordPress プラグインディレクトリ

WP-Mail-SMTP (https://ja.wordpress.org/plugins/wp-mail-smtp/)

 

ご利用の際には以下の情報が必要です:

  • 送信に使うメールアドレス
  • 送信に使うメールアドレスのサーバ
  • 送信に使うメールサーバのポート番号
  • 送信に使うメールサーバのID/PW(ユーザ名/パスワード)
  • 送信に使うメールサーバの暗号化は必要かどうか。必要なら SSL か TLS を選択してください

 

メール詳細設定

  • From Email: メールの送信元に設定するメールアドレスを別途設定する場合は指定してください
  • From Name: 差出人の名前を別途設定する場合は指定してください
  • メーラー: WordPress の全てのメールをSMTP経由で送信する。
    「WordPressの全てのメールをSMTP経由で送信する」が選択されている場合は下部にある「SMTP設定」が必要となります
  • Return Path: 任意で設定

 

SMTP設定

  • SMTP Host: メールの送信に使う送信サーバ名/SMTPサーバ名を指定してください。不明な場合はメールサーバの管理者の方へ相談ください。
  • SMTP Port: SMPTサーバへ接続するためのポート番号を設定します。一般的には25/443/587いずれかですが、詳細や不明な場合はメールサーバの管理者の方へ相談ください。
  • Encryption: なし/SSL/TLS からの選択です。使用するSMTPサーバによって違うため不明な場合はメールサーバの管理者の方へ相談ください。
  • Authentication: 認証設定の有無は使用するSMTPサーバによって違うため不明な場合はメールサーバの管理者の方へ相談ください。

ここまでの設定が終わりましたら [変更を保存] 押した後,テストメールの項目からメールのテストをしてください。

 

Gmail をサーバに設定した場合の設定例

  • WordPressの全てのメールをSMTP経由で送信するを選択
  • SMTP Host: smtp.gmail.com
  • SMTP Port: 465
  • Encryption: Use SSL encryption.
  • Authentication: Yes: Use SMTP authentication.
  • Username: Gmail のアカウント名
  • Password: Gmail のパスワード (2段階認証を設定されている場合はアプリケーション用のパスワードを新たに作成し、設定してください。)
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk