WordPress を複数インストールしたい

セルフホスティングをご利用の方は次の手順で WordPress のインストールが可能です。

wp-setup コマンドで Nginx のバーチャルホスト設定、MySQL サーバの DB 作成、WordPress ソースのダウンロードを行います。

注意点: 
ec2-user の権限では wp-setup コマンドが利用できないため、これを使用する場合は $ su - してから実行してください。
その際に利用する root ユーザのパスワードは $ sudo passwd を実行することで変更できます。手順のなかで実行するコマンドを以下に紹介しますが、先頭の $# を入力する必要はありません。

手順: 

例えば example.com というバーチャルホストを作成したい場合は、以下のように行います。

[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$ sudo su -
パスワード:
[root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]# wp-setup example.com
--------------------------------------------------
 MySQL DataBase: example_com
 MySQL User:     wp_xxxxxxxxxxxx
 MySQL Password: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
--------------------------------------------------

Success!! http://example.com/
--------------------------------------------------
... WordPress installed

...done
[root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]# exit
[ec2-user@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ~]$exit

WordPress のソースは以下の path へインストールされます。

/var/www/vhosts/{Virturl Host Domain}/

例のように example.com で作成した場合は次のようになります:

/var/www/vhosts/example.com/

なお、wp-setup コマンドはバーチャルホスト(ルートドメインやサブドメインなど)のみとなり、サブディレクトリ( /var/www/vhosts/example.com/wordpress )へのインストールには対応していません。サブディレクトリにWordPressをインストールする場合は サブディレクトリへの WordPress のインストール をご参考いただき、作業をお願いします。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。
Powered by Zendesk